再織(シェニール織)のご紹介

フェイクファー、レーヨンシール、パイルテキスタイルの総合メーカー/オーヤパイル株式会社


 再織(シェニール織)は、暖かみある独特の風合いが特徴の織物です。
一度織り上げた織物を縦糸に添って切断し、横糸として再び織り上げる、非常に手の込んだ作業を必要とする、高品質織物として知られています

               
     ジャガード下織を裁断し糸にする。  糸に撚りを加え、再度ガラを合わせ織る。

 再織(シェニール織)は、18世紀にタータンチェックで有名なスコットランドで誕生。やがてヨーロッパに伝わるのですが、同時期(明治10年頃)和歌山県橋本市高野口町に生まれた前田安助氏がシェニール織物を手に入れ、苦心の末、一から織機を考案し、日本独自の「再織」を作り上げました。
                
         
昭和4年に天皇陛下に献上されたテーブルクロス(レプリカ)
 再織は、その
優しい肌触りに加え、吸湿性の良さノーアイロンなどの機能を併せ持つ、両面にガラ表現のある高品質なジャガード織物です。
 また、当社では
世界で初めての抗菌防臭機能のあるシェニール織の開発も成功いたしました。

 根強い支持者によって支えられている再織は、新しいデザインやアイテムが加わり、堅調な広がりを見せています。しかし近代化された再織も、その複雑な製造方法と工程により現代でも1日数メートルしか生産できない
希少価値のある商品です。

再織ハンカチの紹介
再織製品の紹介
 シェニール製品サンプル検索

フェイクファー、パイルテキスタイル/オーヤパイルTOP

和歌山県橋本市高野口町名古曽1320−1
TEL 0736-42-3163/FAX 0736-43-2363
ohyapile-nakatani@estate.ocn.ne.jp
担当:中谷