オーヤパイル

フェイクファー、レーヨンシール、パイルテキスタイルの総合メーカー/オーヤパイル株式会社

パイル織物・編物の歴史

str

 産地としての歴史は古く、江戸時代の木綿織物にはじまり、その独特な織物は明治に入り、川上ネルとよばれ飛躍的な発展をとげました。
 明治の初め前田安助氏が再織(さいおり)という特殊織物の製法を創案し、それ以降は再織の生産に転換したのです。
 再織は世界的にもチェコスロバキヤ以外に類のない手工業的技術の特殊織物で、当時の外国商館よりカーテン、テーブルクロスなどの注文を受け、米国に輸出されて好評を博したものであります。
 その後、大正時代に入り、より新しい織物の研究がくり返され、西山定吉氏によりシール織物が考案されて、量産可能な機械化時代に対応する姿となりました。
 そして世間で話題になった大正ロマンの代表的商品である婦人のシールのコート、「君の名は」の、まちこ巻きなどの流行商品を生みました。
 昭和のはじめには、ドイツより二重パイル織機を導入し、昭和12年頃には、産地はその生産で潤い戦前の最盛期を迎えることになります。
 パイルの素材は、当初木綿、絹、人絹糸、羊毛が多く用いられていました。戦後原料糸の統制撤廃と共に再開され、朝鮮戦争勃発と共にモケットが衣料(ジャンバー)として好評を博し、つづいてアフリカむけに人絹シールが輸出されました。
 昭和30年代に入り合成繊維が開発されたのに伴い、昭和34年頃から衣料(婦人用コート)が流行し、また生活の洋風化に伴い椅子張用モケット(トービス糸、ナイロンのクリンプモケット)さらにアクリル糸等新素材の開発、新技術の研究が進み、昭和40年代に入り、レピア織機、ラッセル機、ハイパイル機、シンカーパイル丸編機等新しい織(編)機が導入され、両面パイル毛布等の寝装品関係、インテリア商品、衣料用品と用途が広まり、消費者ニーズの多様化に伴い新しい展開を試み今日にいたっています。  


フェイクファー、パイルテキスタイル/オーヤパイルTOP

和歌山県橋本市高野口町名古曽1320−1
TEL 0736-42-3163/FAX 0736-43-2363
ohyapile-nakatani@estate.ocn.ne.jp
担当:中谷